header-image.jpg
●国際協力SHINZEN(しんぜん)の合言葉
「One Person to One Naition (一人の人がひとつの国に関心を持つ)」

●十数ヶ国における海外支援活動
校舎建設・学校運営支援(モザンビーク・ギニアビサウ)
地雷撤去・被害者支援(カンボジア)
井戸掘り・飲料水の確保(カンボジア・ウガンダ)
職業訓練・自立支援(バングラディッシュ)
マラリア予防・医療支援(コンゴ・ブラジル・ネパール)
孤児院支援・里親支援(タンザニア・中国・コンゴ)

SHINZEN(しんぜん) 活動報告-バングラデシュ・レポート

SHINZEN(しんぜん)バングラデシュ・レポート

―貧しい母と子のためのプロジェクト・レポート (2002年12月)―

SHINZEN(しんぜん)では、バングラデシュにおいて、貧しさを克服しようと一生懸命生きている母と子のためのプロジェクトを支援しています。特に、北西部にあるディナスプール地域のスラム、農村の支援を2年前から継続して行っております。単に、援助に頼るだけではなく、自分たちの力をしっかりつける自助自立の精神で貧困軽減の成果をあげています。今回は、現地で活動する天野さんの報告をもとにあらたに届いた写真を交えて掲載いたしました。


SHINZEN(しんぜん)プロジェクト その@
― 家庭の収入を増やすプロジェクト ―

▲ 外に出かけられない主婦に、子ヤギ・子牛・鶏のヒナなど、家畜の仔を贈与して、自分たちで大きく育てて売るファミリー・インカム・ジェネレイト・プロジェクト(家庭の収入を増やすプロジェクト)を新たに発足しました。

SHINZEN(しんぜん)プロジェクトそのA
 ― 母親の職業訓練教室 ―

▲ 刺繍の技術を教える職業訓練教室・ハンディークラフトセンター。地域ごとに集まって製品を作っています。SHINZEN(しんぜん)では3ヵ所のハンディークラフトセンターを支援しています。製品は販売されて家庭の収入源になります。

SHINZEN(しんぜん)プロジェクトそのB
 ― 子供の寺子屋式学校 ―

▲ 今まで字を習うことができなかった110人の子供たちに、地域ごとに寺子屋式の教育の場を提供することができ、子供たちは喜んで勉強しています。

 藤波 英子

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)ボランティア講話集ーいのちの輝きー

SHINZEN(しんぜん) 活動報告-モザンビークから感謝の手紙

SHINZEN(しんぜん)会報「おげんきですか」2003年6月号より

SHINZEN(しんぜん)ご支援ありがとう!−モザンビークから感謝の手紙ー

HINZEN(しんぜん)が、’95年から支援を続けているモザンビークの中学校.高校の理事長から、この度、感謝の手紙と現地の写真が届きましたので、ここに掲載し、紹介致します。

▲8年生(中学1年生)Aクラスの生徒たち、12〜15歳まで50人の生徒が学んでいます。学校で、一番若いクラスです。

平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。お変わりごさいませんか。日ごろのご無沙汰をお許しください。今年、日本や米国の冬は、例年より寒かったとのことですが、逆にモザンビークは夏の雨期にもかかわらず、連日かんかん照りでした。南部アフリカ一帯が同様で、各国において深刻な干ばつの被害が報告されています。 お蔭様で、「モザンビークの中学校.高校」は1月、無事新学期を迎えました。昨年度の生徒数600人をさらに100人上回る700人で出発いたしました。今年度は特に、新高校生の入学希望者が殺到したため、当初の予定枠150人を急遽変更し、200人にしました。その結果、高校生は300人、中学校は400人受け入れられることになりました。現在、教師38人、職員17人が勤務しております。今年度の特色は、文部省の方針に従い、従来の2学期制から3学期制にかわったこと、昨年末の高校卒業試験にパスした生徒たちが、6月の大学受験に備えていること、高校卒業試験にパスしたものの中で、特に優秀の生徒二人を、当校の中一の教師に採用したことです。6月には、唯一の国立総合大学エドアルド.モンドラーネ大学(日本の東大にあたる)や、教育大学の入試が控えているため、卒業生が一人でも多く受かるようにと、過去の試験問題集や参考書を取り揃えてきました。1200km離れた首都マプトにあるエドアルド.モンドラーネ大学まで行って試験問題集を購入したり、首都マプトの大手の本屋から航空便でとりよせたり、といった具合です。日本語教室の教え子でエドアルド.モンドラーネ大学の卒業生を招き、入試準備のための講義をしてもらったりしています。特に、今年は図書室の蔵書(教科書や参考書)を増やすことを最優先目的にして努力して参りました。今年から、高校生用の教科書数科目が、はじめて出版されるようになり、それらもすべてそろえました。すでに現在までに蔵書は、1500冊以上になりました。モザンビークはポルトガル語圏ですので、将来的にはポルトガルもしくはブラジルから、古本をたくさん送ってもらえるようになればと願っております。


▲12年生(高校2年生)Aクラス(文系)の生徒たち。
18〜28歳までが学んでいます。(数学の授業風景)

今年、開校から9年目を迎えました。上述のように、全校生徒700人のうち300人が高校生ですが、今後は高校中心の学校に変えていきたいと思っています。理由は、近年、高校への進学希望者が急増していること、また近くに約5億円をかけて公立の中学校が建設されるためです。今年度の予算は、年間700万円です。日本と米国からの支援で、本年も順調に運営していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。日本政府は首都マプトに、同時に9つの小、中学校を建設しており、今年6月までにモザンビーク政府にすべて引き渡す予定です。この国のニーズに応えて、さらにがんばっていきたいと思っております。来年は、私どもがモザンビークに来てから満10年です。疲れを感じるというのが本音ですが、せめて10年はやりきった、という実績は残さなくてはと感じております。

 藤波 英子

国際協力SHINZEN(しんぜん)公式ホームページ
SHINZEN(しんぜん)ボランティア講話集ーいのちの輝きー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。